日本料理を知ってもっと調理が上手に。直ぐに実践出来る基礎知識

お浸しの作り方というと作り手によって変わると思います。ですが、一般的な調理手順も学んでみるのも良いでしょう。醤油、みりん、さらに出汁といった素材と和えて頂くのが元来の調理法とされます。ただ、しょうゆと合わせるのみの簡素なお浸しもメジャーなようです。魚の煮つけを調理する段になるとお魚の霜降り造りと言う下処理が必要ですが、ナスやキュウリを使用した浅漬けは毎日でもテーブルに加えてあげたい品ではないでしょうか。お新香の塩の分量は、野菜を基準に2~3パーセント程度がベストです。塩だけで作っても構いませんが、ついでにこんぶもしくは生姜、そして鷹の爪なども同時に漬ければ趣のある味わいやうま味成分もでます。浸しものにする一般的な緑黄色野菜を挙げるとホウレンソウですとか小松菜でしょうが、思わぬ野菜も美味しく出来る事も少なくありません。具体的にはクレソンあるいはアスパラガス、カボチャ等も上手くできる野菜なので、副菜のバリエーションを増やしたい時は有効なメニューなのです。

未分類の関連記事
  • 日本料理を知ってもっと調理が上手に。直ぐに実践出来る基礎知識
  • 親族の介助・看護が大変…心的負担を激減させる知識
  • 和食を学べば料理が得意に!今日から使える基礎
  • 色々な工夫で賢い暮らし。日常が楽しい節約法
  • 30才代の女の人が持つ健康に関する問題に対応できる簡単なメソッドとは
おすすめの記事